京扇子は紙扇子、生地扇子、白檀、飾り扇子などいくつかの種類があり、涼むためだけに用いるのではなく、香りを楽しむために使ったり、部屋に飾って楽しむものなどがあります。扇子の楽しみかたが増えると有名店で扇子を購入する際にも何を楽しみたいのか目的によって選ぶことができ、今までよりも選ぶことが楽しくなります。また扇子の使用目的によっては贈り物にすることもでき、香りを楽しむことが好きな方には白檀を選ぶという喜ばれますし、より扇子の魅力を多くの方に伝えることができます。夏の少し涼みたいと感じた時、うちわをかばんに入れて出かける人は少ないですが、扇子なら畳んで気軽に持ち歩くことができる素敵なアイテムです。また素敵なアイテムを持つことで暑い日の外出も楽しみな時間に変えることができます。

京扇子を長く愛用するために必要なこと

京扇子は有名店では要の部分を修理することができるので長い期間愛用することができる伝統的な扇子です。また最近では長寿のお祝いに飾り扇子を贈る方が増えており、玄関や床の間に飾る人も多いですがこういった飾り扇子も修理して長く飾っておきことができますのでいいものを長く愛用するという考えを持つ日本人に人気ですし、日本の伝統品が海外の方に好まれる理由のひとつにもなっています。また扇子は名前を入れることもできるので長寿の贈り物としても人気が高くなっています。多くの人は名前入りのものを贈られることで愛着を持ち、よりいっそう愛用する期間が長くなることが多いといえます。扇子というと和装をイメージする人も多いですが普段着にも合うカジュアル扇子もあり、こちらは若い年齢の女性に高い人気があります。

海外の方の手土産にも喜ばれる京扇子

海外の方が日本に観光旅行を目的として訪れる人数が年々増えていますが、伝統の品物として手土産に扇子を選ぶ人も年々増えています。有名店ではお店に訪れて購入するだけでなく、通販でも扇子を手軽に購入できるようになっていますので既製品だけでなく、オリジナルの絵柄や文字を扇子にしてもらえるサービスもあります。世界にひとつしかない扇子は海外の方だけでなく、日本人にも人気があり、日本から海外に仕事で旅立つ方への手土産にも人気です。最近ではスマートフォンで写真撮影をする方も増えていますが、有名店では写真データからもオリジナルの扇子を作ることもできるので自分の撮ったお気に入りの写真から自分へのごほうび扇子を作るもの素敵です。長寿の祝いにはお孫さんの直筆メッセージで扇子を作る方もいて人気があります。